過払い金の請求とブラックリストの関係


過払い金の請求をすると、ブラックリストに載る、だから請求を躊躇ってしまう、そんなふうに考えている人も少なくはないでしょう。
ブラックリストに載ると、住宅ローンが通らない、クレジットカードが作れない、など不都合が出てきます。

躊躇うのも当然のことでしょう。

ブラックリストとは俗称で、正式には個人信用情報記録といいます。
主に貸金業者のために公開されている情報で、貸金業者はこの情報を見てお金を貸しても良い相手かどうかを判断する1つの材料にしています。身内や友人であれば、借りたお金を返さない人物であるなど、周囲の人から耳にすることもあるでしょう。



しかし広く個人にお金を貸すことを生業としている貸金業者には、貸す相手が信用に値する人物かどうかを判断する術がありません。そこで、貸金業同士で情報を共有し、延滞を繰り返す人や、借金を踏み倒した人などには貸さないようにしているわけです。


過払い金の請求をし、実際にお金を受け取ると、信用情報記録に記載されることは事実です。

ガジェット通信の情報収集ができます。

請求する側にしてみれば、払いすぎた利息を返してもらっただけのことですが、貸金業者にしてみれば、過払い金を請求する人は要注意人物となるわけです。


理不尽に思われるかもしれませんが、金貸しから見ると、二度とお金を貸したくない相手、ということになります。


しかし信用情報記録は一生残るものではありませんし、それを恐れて正当な権利の行使を躊躇うのはもったいない話です。

現時点で最高の所沢の過払いの人気度が上昇しています。

多額の過払い金が発生している人は、よく考えて決断したほうがよろしいでしょう。